Elevate your stream processing w/ The Force of Kafka + Flink Awakens | Read Now

リアルタイムストリーミングでクラウドデータウェアハウスの価値を最大化

データウェアハウスの古いデータを業務に使うのは止めて、ストリーミングデータパイプラインの構築でストリーミング処理とインフライト処理をスケールアップしましょう。データを整理してアクセスできるようにすることで、分析システムやデータを業務に必要とするチームが最新の情報を使ってイノベーションを実現できます。

高品質のデータストリームで分析を強化

リアルタイムのデータストリーミングとインフライト処理で、高忠実度のデータの継続的にフロー、進化と処理を維持します。

セルフサービスで使えるデータ製品で開発の生産性を向上

即時に複数のコンテキストに合わせてデータを形成し、セルフサービスでの検索と発見を可能にすることで、すぐに使用できる信頼性の高いデータを製品の形でチームに提供します。

ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのデータパイプラインの TCO を削減

完全マネージド型のクラウドネイティブサービスと段階的かつ費用効率の高いクラウド移行戦略で、データ統合の複雑さ、ダウンタイムやデータ損失のリスクを低減します。

エキスパートにお任せください

Data warehouse customer testimonial - Vimeo webinar

リアルタイムのユーザーエクスペリエンスを最適化して成長を促進

1日遅れのバッチ ETL からストリーミングデータパイプラインの構築へ、Vimeo が Confluent Cloud でリアルタイム分析と可観測性を実現し、2億6,000万人超のユーザーエクスペリエンスを最適化している方法を学びましょう。

iFood logo - data warehouse customer testimonial

ビジネスニーズの増大に合わせてリアルタイムデータを拡張

「Confluent を使用すると、すべてのチーム、マイクロサービスとシステムが、データの作成されたその瞬間に最新の充実したビューに基づいて継続的に行動し、反応できるため、お客様のリアルタイムのニーズを満たすことができます。」

Lucas Viecelli 氏、データベース信頼性エンジニア

Sykes cottages logo - data warehouse customer testimonial

Snowflake + Confluent が新たな顧客体験を創出

「ストリーミングを活用するためのビジネスケースには説得力があり、当社のテストと予測に基づくと、この投資で 3 年間で少なくとも 10 倍の ROI が見込まれます。」

Bob Pearman 氏、データ・アナリティクス部門責任者

Picnic logo - data warehouse customer testimonial

顧客分析の改善でインフラコストを 40% 削減

「[Confluent を使用することで、] 当社の機械学習開発者とデータサイエンティストは、インストリームデータ分析とリアルタイムモデルについて考え、取り組めるようになりました。」

Dima Kalashnikov 氏、テクニカルリード

クラウドデータウェアハウスへのストリーミングデータパイプラインを構築

API からドラッグ&ドロップ UI、完全マネージド型コネクター、変更データキャプチャ (CDC)、継続的な SQL ベースの処理まで、Confluent はクラウドデータウェアハウスへのストリーミングパイプラインの構築を簡素化します。IT チームのクラウド移行と変革への道を切り開きながら、開発者が活用できるようリアルタイムデータを解放します。

Connect

Cluster Linking120点以上の事前構築済み Connectorのいずれかを使用して、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのソースから Snowflake、Redshift、Synapse、BigQuery などのクラウドデータウェアハウスにデータをストリーミング。Teradata や Cloudera などのオンプレミスシステムからワークロードをマイペースで移行しながら、チームに分析のための一貫性のあるリアルタイムデータを提供できます。

処理

ビジネス指標のリアルタイムビューを大規模に構築。ネイティブストリーム処理を使用して、送信中の多数のデータストリームを継続的に結合、強化、集約し、クラウドデータウェアハウスに到達する前に処理を最適化します。

ガバナンス

ストリーミングデータ全体へのガバナンスの適用で、クラウドデータウェアハウスのデータ品質を確保しながら内外のコンプライアンス要件を充足。表示されたデータが信頼できるかどうか思い悩む時間を減らし、ビジネスの洞察を促進するリアルタイム分析の構築により多くの時間を費やせるようになります。

希望するクラウドプロバイダーで使用を開始