デモに登録 | 大規模な RBAC、Oracle CDC Source Connector など、Confluent Cloud 第2四半期のローンチの活用を開始

動き続ける
データの活用へ

動き続けるビジネスを支えるデータプラットフォームを実現。Confluent を活用し、アプリやデータシステム、そして組織全体を、リアルタイムのデータフローとデータ処理に手軽につなげましょう。

Try Confluent for Free >

Instacart はコロナ禍でも50万人の新規顧客の獲得に成功しました。Confluent がデータストリーミングでこの成功を後押しした方法をご覧ください。

Kafka を真に活用するには Confluent が不可欠

人気の Apache Kafka® を管理負担なしに活用。クラウドネイティブで完璧な Confluent の完全マネージド型サービスなら、Kafka の枠を超えて活用の幅が広がり、自社の有能な人材が事業価値の実現に集中できるようになります。

Confluent を選ぶ理由

クラスタのサイズ設定、オーバープロビジョニング、フェイルオーバー設計、インフラ管理はもう不要です。120点以上のコネクター、ストリーミング処理、セキュリティとガバナンス、グローバルな可用性で企業のあらゆる Data in Motion のニーズに応えます。

99.99% の稼働率保証、自動パッチ適用とロードバランシングで安心も確保、さらに100万時間を超える Kafka の豊富な経験に基づく Data in Motion の専門家がサポートします。わずか数分で利用を開始し、コストを最大 60% 低減することが可能です。

Confluent を選ぶ理由

無限の可能性とユースケース

あらゆるチームのリアルタイムでの価値創出を支援。人気のユースケースをいくつかご紹介します。

  • 顧客360度ビュー
  • 不正の検出
  • マイクロサービス
  • ハイブリッドとマルチクラウド

顧客360度ビュー

コネクテッド・カスタマーエクスペリエンス

顧客のトランザクションやインタラクションがそれぞれ専用のシステムに保管されている状況では、複数のデータセットを慎重に組み合わせて真の顧客像を映す唯一の情報源を作り上げる必要があります。そんな場面では、Confluent を活用しましょう。

Confluent なら、顧客とのインタラクションを発生とともにキャプチャして処理することが可能に。豊富なデータを駆使して顧客のアクションや好みを可視化し、あらゆるチャネルで意義あるエンゲージメントと体験のパーソナライズをリアルタイムで実現することができます。

もっと詳しく

不正の検出

リアルタイムの不正検出

不正行為への対応は一分一秒を争いますが、対応に必要なデータがサイロ化され、未連携なデータベースに保管されていたり、データベース間で連携されている場合でもバッチ処理のため、リアルタイム表示や不正アクティビティ防止に活用できないことがしばしばあります。

Confluent を使えば、不正行為の分析、検知と防止に必要なすべてのデータを接続し、リアルタイムでのアクセスが可能となります。機械学習システムに継続的なデータストリームを供給してトランザクションのスコア付けを迅速化し、顧客のデジタルアイデンティティを最新の状態に保ち、異常なアクティビティに対して即座にアラートを生成することができます。

もっと詳しく

マイクロサービス

イベントドリブン型マイクロサービス

スピーディなイノベーション実現に必要なアジリティを備えた最新の開発手法として、疎結合のマイクロサービスの人気が高まっています。

ただ、こうしたサービスはどのようにデータを渡し、サービス対象のアプリと状態を共有するのでしょうか。1つのサービスがクラッシュした場合に他のサービスに影響が及ぶことや、サービス規模を数千件に拡大した場合にセキュリティが損なわれる危険はないのでしょうか。

Confluent を使ってマイクロサービスを完全に切り離し、サービス間の通信を標準化して、独立したデータ状態を維持する必要性を排除すれば、拡張性が高く、弾力性のある設計で、コンテキスト認識型の新たなクラスのマイクロサービスを構築することができます。

もっと詳しく

ハイブリッドとマルチクラウド

オンプレミスとクラウド間でのデータモビリティ

クラウドへのアプリケーションの移行は非常に複雑な作業です。アプリケーションの中にはレガシーシステムと複合的に結び付けられているものもあり、移行そのものが難しいこともあります。

Confluentであれば、クラウドをニーズに合わせて活用しながら、オンプレミス、ハイブリッド、マルチクラウド環境すべてにおいてデータの同期を保つ永続的なデータブリッジを維持することが可能に。クラウドへの段階的な移行により、開発者は優れたクラウドツールにアクセスして次世代アプリケーションを迅速に構築できるようになります。

もっと詳しく

Confluent を選ぶ理由

動き続けるデータとお客様の成功に注力する唯一の企業、Confluent

クラウドネイティブ

Confluent はクラウド対応の Kafka を再考し、サーバーレスで費用対効果が高く、柔軟な拡張性とグローバルな可用性を備え、展開、運用と拡縮がわずか数分で完了する完全マネージド型のサービスへと再構築しました。

すべての機能を完備

Confluent は、120点以上のコネクター、ストリーミング処理、エンタープライズ対応のセキュリティとガバナンス、グローバルなレジリエンスなどで完全な Kafka を創り上げ、これらの機能を自社で構築・メンテナンスする際の負担やリスクを排除します。

あらゆる環境に対応

クラウド、マルチクラウドやオンプレミスなど、Confluent はあらゆる環境に対応するソリューションを提供します。すべてをリアルタイムでシームレスに連携させ、ジネス全体で一貫性のあるデータレイヤーを創出することができます。

成功事例

世界の大手企業による導入実績

「Kafka と Confluent が、Walmart のデジタルオムニチャネル変革と成功のバックボーンとなっています。」

「Confluent Cloud を導入したことで、リソースが限られる中でも厳しい立ち上げの期限に間に合わせることが可能となりました。マネージドサービスとしてのイベントストリーミングにより、費用をかけてクラスタ管理担当者を採用したり、年中無休の信頼性の面で心配する必要もなくなりました。」

「Confluent はまさに、当社の顧客向けのアプリから流通センターの運用に至るまで、すべてをカバーする中枢神経系として機能しています。」

Confluent Cloud でできること

クラウドネイティブの完璧な Kafka プラットフォームを実際に試してみましょう。必要なあらゆる場所で活用できます。

完全マネージド型のクラウドネイティブサービス

Confluent の持つ力をインフラなしで活用。

自己管理型ソフトウェア

オンプレミスのワークロードに対応するエンタープライズ級ソフトウェア。