ライブデモ : Confluent で Kafka ストリーミングを10分で作成する方法 | 今すぐ視聴

金融サービスでの Confluent 活用

動き続けるデータ(Data in motion)の力を活用し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを推進。積極的にサイバーリスクを低減し、規制コンプライアンスを促進することができます。

動き続けるデータがリアルタイムデータの共有で金融業界を変革している方法について詳しくご覧ください。

世界の主要金融サービス企業に愛用されています

米国の主要銀行__10行__が Confluent をさまざまなユースケースに活用しています。

Robinhood

業界の最先端に居続けるためには、デジタルネイティブの挑戦者が仕掛けるディスラプションに負けない速度で進化を遂げる必要があります。ただ、遅く、複雑で高価な旧来のデータインフラストラクチャがこうした動きを阻み、モダナイゼーションや規制遵守、ビジネスの成長の障壁となることが少なくありません。

Confluent は、リアルタイムのデータにストリームとして手軽にアクセスし、古いデータを活用し、サイロ化されたデータを統合する Apache Kafka® を基盤としたデータ・イン・モーションプラットフォームを提供します。革新的なアプリケーションの開発を短期間で開発し、最も厳格なコンプライアンス要件にも対応できる環境を実現できます。

Confluent を活用する方法

充実したカスタマーエクスペリエンスを提供しながらビジネスリスクを低減し将来の規模拡大に対応する設計を実現。

顧客360度ビュー

さまざまな事業部門 (リテール、資本市場、住宅ローンなど) を通じ、サイロ化されたメインフレームや RDBM などレガシーシステムを統合し、顧客像を一元的に把握。情報が修正されるとすべてのシステムが自動で更新され、複数のコミュニケーションチャネル (ウェブ、モバイルアプリ、コールセンターなど) 経由で顧客のリクエストにリアルタイムで対応することができます。

リアルタイムの分析と不正検出

データレイクを集約して構築し、リアルタイムでデータを分析。最新のクラウドベースのサービスへの統合でデータの視覚化やレポーティングを行うほか、取引をリアルタイムで分析することで、不正取引の検出や通知の送信が可能に。不正の内容を分析してパターンを特定し、機械学習アルゴリズムへ反映させることができます。

サイバーセキュリティと規制コンプライアンス

すべてのログソースからのデータをキャプチャ・集計する集中管理でリアルタイムの脅威を特定し、セキュリティ情報イベント管理 (SIEM) 専用ツールで下流分析に適したデータをフィルタリング。さまざまな事業部門からのデータを集約し検証して、報告基準に準拠したうえで、一元的なコンプライアンスハブを確立して多彩な規制要件を遵守することができます。

サービスとしてのトレーディングプラットフォームと市場データ

市場データを他社に、分析や推奨を消費者に提供し、システム、契約者、顧客がレーティングやアナリストのデータを利用できる環境を確立。大量の高速取引をサポートするイベントドリブン型市場取引プラットフォームの開発で、顧客にリアルタイムデータへのアクセスを届けることができます。

顧客の追跡と通知

エンゲージメントプロセスを通して顧客を追跡し、統合されたデジタルカスタマーエクスペリエンスを提供。状況に合わせ、パーソナライズされた情報を的を絞って提供するほか、リアルタイムで不正取引に関するアラートや通知の送信が可能です。

Explore Common Use Case Recipes

Go from idea to proof-of-concept with a toolkit of code samples for the most popular use cases in the financial services industry.

Detect Unusual Credit Card Activity

Automate Payment Verifications

Create Personalized Banking Promotions

Modernize and Offload Mainframe Data

Enrich Orders with Change Data Capture (CDC)

Analyze Customer’s Online Journey

Detect and Analyze SSH Attacks


Create Geolocation Alerts and Promotions

業界での各種表彰

業界規制の遵守

Apache Kafka を生んだ開発者チームの設立した Confluent は、金融サービス組織が以下の規制への遵守を実現するための強力なエンタープライズ向け機能を併せ持つデータ・イン・モーションプラットフォームを提供しています。

OATS から CAT
MiFiD 2/MiFIR
PSD2/GDPR
CRS
オープンバンキング

Confluent を選ぶ理由とは?

アプリケーション開発を加速し、運用負荷とコストを低減してスピーディなクラウド移行を実現 — ビジネスをさらに前へ

開発者の生産性を向上

より幅広い開発者らが Kafka を活用できる環境を整備し、イベントストリーミングアプリケーションの構築スピードを向上。

大規模かつ効率的な運用

組織全体でのデータストリーミング拡大に対応し、高いパフォーマンスと拡張性を確保しながら運用面の複雑化を回避。

自由と柔軟性

オンプレミス、パブリック/ハイブリッドクラウドでベアメタルから Kubernetes までデプロイ。または、Confluent Cloudで完全マネージド型のクラウドサービスを活用。

コミッター主導の専門知識

Apache Kafka® を生んだ開発者チームの構築したサービスの活用で、アプリケーション開発のライフサイクル全体を通して Kafka コミッターと直接協働し世界の最前線で活躍する Kafka のエキスパートによるゴールドサポートを利用。

プロダクション段階の前提条件

プロダクション環境でのイベントストリーミング実装に必要となる、基本的なエンタープライズレベルの属性で、プラットフォームを設計。

経時的にワークロードを段階的にモダナイズすることで TCO と運用面での複雑さを低減

Confluent では、従来のメッセージングパターン (point-to-pointとパブリッシュ/サブスクライブ型ルーティングセマンティクス) に対応し、業務の中断なしに自社に合ったペースでの移行が可能に。充実の Connector エコシステムと Kafka がネイティブで組み込まれたアプリケーションを活用。使用量ベースの課金で、料金はご利用分だけのお支払いとなります。

Why Customers Love Confluent

Citigroup

Citigroup

「データには、常時変わる株価のようなリアルタイムデータ、契約条件などの静的なデータ、ポジション更新などの定期的に更新されるデータがあります。Kafka のようなツールでこうしたデータをまとめて取得し、トレーダー、営業担当者や管理職などのエンドユーザーに組み合わせて表示すれば、データ全体をカバーする非常に有用な分析を提供できます。」

Leon Stiel 氏、ディレクター、Citigroup

リソース