Confluent Platform 7.0 と Cluster Linking でクラウドへのリアルタイムブリッジを構築 | ブログを読む

Confluent でリアルタイムの不正検出と分析を構築

システムの規模が拡大し、クラウドへの移行が進むにつれ、エンタープライズシステムへの潜入を目論む犯罪者にとっての機会も新たに増え、その成功の確率も高くなります。こうした犯罪者との戦いは、今やデータとスピードを組み合わせて対応すべき課題となっています。多数の企業が自社システム内に潜む悪意ある脅威アクターを正確に突き止めるためのリアルタイム技術を探し、活用しています。

従来型のサイロ化されたバッチ処理検知システムを利用する組織は、反資金洗浄、支払詐欺、内部盗難、個人情報盗難などの不正行為の標的となりやすい傾向にあります。その理由は、こうしたシステムでは、パターンの検出に膨大なリソースの投入を要し、検出できた場合でもかなりの遅延が生じるからです。

悪意ある行為者と同等の適応力をもつ不正検出を実現

Confluent は、すべてのシステム、データソースとアプリケーションをグローバルでスケーラブルなイベントドリブン型アーキテクチャに統合するデータ・イン・モーションプラットフォームを提供します。

リアルタイムデータ

重要な資産が危険に晒されている際には一刻を争う対応が必要ですが、不正行為に対抗する主要コンポーネントが古いバッチシステムに保管されていることがあまりに多いのが現実です。

インテリジェントなアクション

異常値となるデータポイントや懸念すべき領域を適切に発見するには、サードパーティのソースも含め、複数のソースからのデータを的確に分析することが必要となります。これには、こうしたデータに接続し、アクセスできる単一のスケーラブルなソースが欠かせません。

アジャイルな検出

不正行為はすばやくその姿を変えます。監視に使うツールの選定においては、その適応可能性もまた重要になります。新たなデータ種別に柔軟に対応できるオープンなシステムを選択することで、先手を打つことができます。

Streaming Platform を選ぶべき理由

データドリブン

今日のデータは、互いに意思疎通のできない複数のシステム内に閉じ込められた状態にあります。企業が必要としているのは、組織の末端まで行き渡る、信頼性の高い唯一のリアルタイム情報源です。それは、イベントの到着とともにすぐに反応できるような、アクセス不可能なシステムを一変させるような中枢神経型のシステムです。

信頼性

Confluent Platform が、管理、データ管理および運用ツールと堅牢なテスト機能をお使いの Kafka 環境に追加し、あらゆる潜在的な脅威を特定できる唯一の情報源に仕立てます。

スケーラブル

導入の目的がコストであれ、パフォーマンスであれ、Confluent のように高度にスケーラブルな分散型イベントストリーミングプラットフォームに基づいたアーキテクチャなら、ユーザー企業の事業拡大と並行して拡がるデータパイプラインに伴ってすばやく規模を拡張し、パフォーマンスと費用削減の両者を加速させることができます。

利用を開始

Apache Kafka を生んだ創設者が参加する Confluent は、Kafka を拡張して真にセキュアでレジリエント、規制遵守も実現し、動き続けるデータに対応するプラットフォームを構築し、ハイブリッドとマルチクラウド環境で提供しています。

Confluent

完全マネージドサービス

完全マネージド型、クラウドネイティブの Apache Kafka サービス

わずか数分でデプロイ。お支払いは利用された分だけ。データが必要となるあらゆる場所で利用できます。

Confluent Platform

自己管理型ソフトウェア

無料ダウンロードで、エンタープライズ対応プラットフォームのパワーを体験してみましょう。

もっと詳しく