[ウェビナー] Kafka のコストを最大60%削減する4つのヒント | 今すぐ登録

業界別ソリューション

デジタルファーストの公共部門で Data in Motion を活用

躍動するデータ (Data in Motion) のために構築されたプラットフォームを活用し、摩擦のないミッションの成果促進、市民サービスの向上、セキュリティやコンプライアンスの確保、IT 効率と生産性の改善を実現しましょう。

Public Sector hero

Confluent 連邦政府向け

ミッションに適した速度でデータを取得

市民サービスの提供から諜報任務の完了に至るまで、政府機関は利用者の期待やニーズを満たすため、適切なタイミングで適切なデータにアクセスする必要があります。

国家的なサイバーセキュリティの向上

新たな方法でデータを使用することで既存の投資を活用しながら、連邦政府のサイバーセキュリティのビジョンを実現します。

データリッチな行政サービス

既存のデータを活用し、その品質を保護して、最新のサービスで住民のニーズにさらに応えます。

データを活用して国防戦略を推進

戦場の状況は常に変わり、決してとどまることはありません。これはデータに関しても同様のことが言えます。標的への関連性が高いデータを即座に取得しましょう。

コネクテッドガバメント

部局、部門、機関、部署の垣根を越えてデータを収集し、デジタル変革を推進します。

Public sector graphic

Confluent を選ぶ理由

ストリーミングを中心に柔軟でスケーラブルなデータ基盤を構築し、あらゆるユースケースでデータ製品をリアルタイムで継続的に相互運用できるようにします。

再利用可能なデータ製品を構築

分離された不変のイベントドリブン型アーキテクチャとインストリーム処理を使用して、どこからでもデータを結合

負荷の多寡にかかわらず速度を維持

パフォーマンスや稼働時間を犠牲にすることなく、1日に数兆件のメッセージを簡単に処理できるよう運用を拡張

データの不整合を排除

データコントラクトを維持し、重複を防止し、データ損失ゼロで一貫性を保証

AI に対応

常時ストリーミングされるリアルタイムのデータで ML モデルを学習させることで、アプリケーションがコンテキストとインテリジェンスを武器にあらゆるイベントに対応可能に

データをエンドツーエンドで管理

Apache Kafka のための唯一のフルマネージド型ガバナンススイートの活用で、データの整合性とセキュリティを確保しながらデータストリームをより高速に共有します。

Public sector graphic - why Confluent
public sector events graphic

リソース

Confluent でセキュアかつミッションレディな Apache Kafka を実現

Confluent は、国防に求められる水準で Apache Kafka を保護するエンタープライズセキュリティ機能を提供しています。認定を受けるためにプラットフォームの強化と保護を行う上で必要なプロセスを理解し、顧客がそれぞれのミッションを安全に実現させるためのサポートを提供することを目指しています。

compliance-and-privacy
思い通りのデータのストリーミングを Confluent で実現