Confluent Platform 7.0 と Cluster Linking でクラウドへのリアルタイムブリッジを構築 | ブログを読む

ゲーム業界での Confluent 活用

動き続けるデータ(Data in motion)の活用でプレイヤーに愛されるゲーム体験を実現。

デジタル化の進展により、ゲーム開発の分析のあり方に世界的な変化が生まれ、組織はゲーム体験の改善と新たな収益化戦略に本腰を入れるようになりました。人気のゲームからは1日に何十億件ものイベントが生成されることもあります。こうしたデータポイントからは、ゲームの持続的かつ長期的な成長を可能にするさまざまなインサイトを得ることができます。

Confluent は、Apache Kafka® を基盤としたデータ・イン・モーションプラットフォームの提供で、リアルタイムのデータにストリームとして手軽にアクセスし、よりよいゲームを短期間で開発し、没入的かつ魅力的なゲーム体験を創造し、世界中のプレイヤーの需要に合わせてゲームの希望を拡大できる環境をお届けします。

Confluent を活用する方法

ゲーム内テレメトリで臨場感あふれる魅力的な体験を構築

リアルタイムのゲーム内テレメトリで、プレイヤーよるゲームや他のプレイヤーとのやり取りを分析し、プレイヤーの感情を常時分析してゲームの重要な要素やプレイを調整。リアルタイムでの継続的なデータ処理でリーダーボードを構築し、プレイヤーのプロフィールを分析してロイヤリティプログラムやインセンティブでパーソナルな体験を届けられます。

リアルタイムのインサイトで収益化を加速

ゲーム内広告やクロスプロモーションで、ゲーム関連アセットのゲーム内購入オプションをリアルタイムで提供し、システムやゲームテレメトリ内のデータを組み合わせ、サードパーティプロバイダーと統合することでシームレスに統合された請求・支払い体験を実現。

リアルタイムで不正行為を検出し、サイバーリスクを軽減

データを集計してリスク要因とパターンを分析し、リアルタイムで機械学習アルゴリズムを強化し、不正なアクティビティ、偽のプロファイルや濫用行為を検出。最新のクラウドベースのサービスへの統合でデータの視覚化やレポーティングを行うことができます。

リアルタイムの監視と通知を実現

重要なゲームインフラストラクチャやアプリケーションのパフォーマンスと信頼性を確保するために欠かせないメトリクスを常に把握し、リアルタイムのインサイト (洞察) で読み込み時間の低下などのプレイ中の問題を予防。サードパーティ製の監視・分析ツールとの統合でリアルタイムのダッシュボードと視覚化を実現し、年中無休でのオペレーションを確保できます。

完全マネージド型のクラウドサービスで複雑なインフラストラクチャをシンプルに

完全マネージド型サービスとしてあらゆるクラウドで展開できる最新プラットフォームで、世界中のオーディエンスに向けてゲームを柔軟にスケーリングし、ゲーム開発の向上と迅速化に集中。

Confluent を選ぶ理由

アプリケーション開発を加速し、運用負荷とコストを低減してスピーディなクラウド移行を実現 — ビジネスをさらに前へ。

開発者の生産性を向上

より幅広い開発者らが Kafka を活用できる環境を整備し、イベントストリーミングアプリケーションの構築スピードを向上。

大規模かつ効率的な運用

組織全体でのデータストリーミング拡大に対応し、高いパフォーマンスと拡張性を確保しながら運用面の複雑化を回避。

プロダクション段階の前提条件

プロダクション環境でのイベントストリーミング実装に必要となる、基本的なエンタープライズレベルの属性で、プラットフォームを設計。

コミッター主導の専門知識

Apache Kafka® を生んだ開発者チームの構築したサービスの活用で、アプリケーション開発のライフサイクル全体を通して Kafka コミッターと直接協働し世界の最前線で活躍する Kafka のエキスパートによるゴールドサポートを利用。

時間と費用を節約

Kafka 管理の負担を低減し、ハードウェア費用を削減してインフラストラクチャを自動で微調整し、効率性と事業価値を最大化。

Freedom of Choice

Deploy Confluent on any cloud, on-premises, or at the edge.

注目のリソース

利用を開始

Apache Kafka を生んだ創設者が参加する Confluent は、Kafka を拡張して真にセキュアでレジリエント、規制遵守も実現し、動き続けるデータに対応するプラットフォームを構築し、ハイブリッドとマルチクラウド環境で提供しています。

その他のリソース

Confluent の包括的な完全マネージド型動き続けるデータ (data in motion) 活用プラットフォームが、最新の要件に合わせて企業でのリアルタイムのデータ管理、インサイト、分析や SIEM を革新している方法を確認しましょう。