Confluent Platform 7.0 と Cluster Linking でクラウドへのリアルタイムブリッジを構築 | ブログを読む

メッセージングワークロードのモダナイゼーションでキューや Pub/Sub を超えた移行を実現

最新のメッセージングプラットフォームでリアルタイムデータの移動を簡素化し、躍動するデータ(Data in Motion)を活用。データのカップリングから大規模なフォールトトレランスの欠如など、レガシーメッセージングミドルウェアの課題も回避しながらクラウド用に設計された拡張性と将来性のあるプラットフォームにより、既存のミドルウェアを強化し、最新化できます。

デモを見る

Challenges with legacy middleware

Traditional messaging systems like Message Queues (MQs), Enterprise Service Buses (ESBs), and Extract, Transform and Load (ETL) tools have been widely used for decades to handle message distribution and inter-service communication across distributed applications. However, they can no longer keep up with the needs of modern applications across hybrid and multi cloud environments for asynchronicity, heterogeneous datasets and high volume throughput.

Designed as monolithic systems, they are riddled with many challenges: they lack persistence or the ability to efficiently handle highly scalable, efficient and reliable message delivery. They don’t handle the real-time interactions and in-flight stream processing that modern applications demand.

This has left organizations with significant technical debt, demanding the need for a modern approach to messaging middleware.

Confluent を活用する方法

Confluent は、ハイブリッドクラウドとマルチクラウド環境でデータをストリームし、オンデマンドで無限に拡張可能なうえ永続的な記録システムとなる、将来の運用に対応したプラットフォームを Apache Kafka 上で提供します。分離型のイベントドリブンインフラストラクチャで運用面での複雑さを排除することで、開発者の皆様が Connector の充実したエコシステムと高度なストリーム処理能力を活用して、スピーディにビジネスロジックの構築に集中できる環境をつくり上げることができます。クラウドファーストのアーキテクチャへと、自社に合ったペースでの移行を実現しましょう。

最新のアーキテクチャを構築

インフラストラクチャの変革でリアルタイムのワークロードとアプリケーションを実現。新たなユースケースの開発から市場投入までの期間を数か月単位から数日単位に短縮できます。

メッセージングから進化すべき理由

あらゆるスケールを実現

柔軟なスケーリングで将来にわたり高可用性とパフォーマンスを保てるようデータアーキテクチャを設計。当社のお客様は、日々 Confluent を使用して1日あたり10兆件以上のメッセージを処理しています。

Confluent を従来のミドルウェアと比較

移行もスムーズ

レガシーデータを新たなハイブリッドクラウドやマルチクラウドユースケースで活用し、既存のメッセージングワークロードを自社に合ったペースで手軽に移行できます。Confluent がミドルウェアと統合する方法を確認

Confluent を選ぶ理由

あらゆる規模に対応するリアルタイムのマルチクラウドメッセージング。

Confluent なら、クラウドとオンプレミスの両方で異なるメッセージングシステムと最新のデータストアを統合可能。メッセージング容量を大幅に拡張し、Confluent のデータ・イン・モーションプラットフォームで既存のメッセージングシステムと手軽に統合できます。

ネイティブなストリーム API で新しいリアルタイムアプリケーションを数日で立ち上げ

Kafka ネイティブのストリーム API、ksqlDB やイベントストリーミングデータベースを活用。イベント通知、イベントソーシングやイベント実行状態ストレージなどの新たなイベントパターンにも対応し、Java、C、Node.js、Ruby、Go、.NET、Python など、お好みの言語で使用できます。

システム間のデータを完全に分離、標準化、管理

Schema Registry の活用で、スキーマが経時的に変化しても Producers と Consumers 間でクリーンかつ管理されたデータを共通の方法で共有。120点以上の Connectors から構成される充実のエコシステムで、IBM MQ、TIBCO、HiveMQ、 RabbitMQ、ActiveMQ をサードパーティ製の Consumer アプリケーション (Snowflake、MongoDB) に接続できます。

秩序をもって再生する永続的な記録システムとコンテキストに基づいたステートフルなアプリケーションの設計

Tiered Storage で運用負担やコストを低減して Kafka 内に保存される大量のデータ管理を容易にし、Event Sourcing でマテリアライズドビューを手軽に再作成。「1回のみ」のセマンティクスですべてのメッセージを常に重複なしで確実に配信し、ステートフルなアプリケーションでデータベースへの追加クエリによるパフォーマンスへの影響を排除します。

柔軟にスケーリングが可能でフォールトトレラントなプラットフォームを活用

マルチゾーン・マルチリージョンのデータバックアップに対応する Cluster Linking で最高レベルの可用性と信頼性を確保。Confluent Control Center でクラスタ、Topics、Consumer の健全性を監視し、ロールベースアクセス制御 (RBAC) が共通のインフラストラクチャでマルチテナントとエンタープライズ級のスケーリングを提供します。

Consumer の低速化や接続中断による速度低下や障害を排除

Topic のパーティショニングで高いパフォーマンスと拡張性をもつ決定的な永続性を確保。セルフバランス型クラスタと Tiered Storage で完全自動型のクラスタ間の負荷分散を実現。Confluent for Kubernetes がパッケージ化されたベストプラクティスを活用してデプロイと運用を簡素化し、安全で信頼できる本番環境対応の Data in motion プラットフォームを実行します。

経時的にワークロードを段階的にモダナイズすることで TCO と運用面での複雑さを低減

Confluent では、従来のメッセージングパターン (point-to-pointとパブリッシュ/サブスクライブ型ルーティングセマンティクス) に対応し、業務の中断なしに自社に合ったペースでの移行が可能に。充実の Connector エコシステムと Kafka がネイティブで組み込まれたアプリケーションを活用。使用量ベースの課金で、料金はご利用分だけのお支払いとなります。

Ready to get started?

Getting started is easy. Sign up today for a live demo or check out one of our whitepapers on this topic.

Top 6 reasons to Modernize Legacy Middleware

Join us for a live demo

Compare Confluent to Traditional Middleware

Messaging Integration with Confluent

Why Customers Love Confluent

Nord/LB

"Confluent is enabling us to address our need for a scalable, highly available messaging infrastructure that allows us to decouple our producers from consumers, setting the stage for us to be more flexible, agile, and responsive to change."

Sven Wilbert, Data Manager, NORD/LB

Confluent の使用を数分で開始

ニーズに合わせて、業界で唯一のマルチクラウド対応データ・イン・モーションプラットフォームでメッセージングの最新化を開始。AWS、Azure、Google Cloud など、お好みのクラウドや自社インフラストラクチャで展開できます。

Confluent

完全マネージド型、クラウドネイティブの Apache Kafka サービス

わずか数分でデプロイ。お支払いは利用された分だけ。データが必要となるあらゆる場所で利用できます。

無料で利用開始
*最初の3か月間は $200/月分の使用が無料

自己管理型ソフトウェア

エンタープライズ対応のイベントストリーミングプラットフォームのパワーを体験しましょう。無料でダウンロードできます。

その他のリソース

メッセージングシステム、リアルタイムのデータストリーミングと分析、イベント処理、Confluent の仕組みを詳しく学べる関連リソースをご紹介