Stream Governance を使用してデータメッシュを構築する方法 | ウェビナーに参加

ストリーミングデータパイプライン

データを適切な場所、形式とタイミングで取得して、データ製品をより迅速に構築し、無限のユースケースを可能にします。

データパイプラインを適切に実行

中断のないストリーミング、継続的な処理、管理されたセルフサービスのデータアクセスにより、迅速な意思決定とアジャイルな開発を実現します。

ストリーミング

あらゆるユースケースで、継続的に流れ、進化する忠実度の高いリアルタイムデータを活用

分散型

データに最も近いチームが企業全体にわたるデータストリームを作成・共有可能に

宣言的

データフローと処理ロジックを分離して、コストとパフォーマンスを大規模に最適化

開発者指向

ソフトウェア配信プラクティスをパイプラインに導入して、アジャイルに実験、テスト、展開

確固たるガバナンス

エンドツーエンドでのガバナンスでセルフサービスアクセスとセキュリティ・コンプライアンスルールのバランスを確保

Pipelines diagram

Confluent を選ぶ理由

最新のデータフローを構築してデータの再利用性、エンジニアリングのアジリティ、コラボレーションの向上を促進し、より多くのチームが整形されたデータを使用してその可能性を最大限に引き出すことができます。

データの分断を解消

高品質のリアルタイムデータストリームで、運用、分析、SaaSのすべてのユースケースを強化

市場投入までの時間を短縮

データコントラクトを維持し、信頼できるデータ製品に対するセルフサービスの検索と検出を可能に

パフォーマンスと拡張性を考慮した設計

データフローロジックを表現し、インフラストラクチャを自動で調整して大規模なデータを処理可能に

アジャイルに開発

DevOpsツールチェーンの統合とオープンプラットフォームにより、データフローを簡単に反復、進化、再利用できます。

信頼とコンプライアンスを維持

エンドツーエンドのガバナンスにより、データの宛先や到達方法、アクセス可能なユーザーを追跡

Why Confluent image

ストリーミングデータパイプラインを迅速かつ簡単に構築する手順

データパイプラインを数分でセットアップ。リアルタイムデータフローを構築し、あらゆる場所でデータを共有する方法を簡素化します。

1. 接続

使いやすい UI と事前構築されたコネクタを使用してデータフローを作成・管理

2. ガバナンス

信頼できる高品質のデータストリームのポリシーを一元管理、タグ付け、監査、適用

3. 充実化

SQLを使用して、リアルタイムでデータを結合、集約、クリーンアップ、処理、整形

4. ビルド

下流のシステムとアプリ向けに適切にフォーマットされ、信頼できるデータ製品を作成

5. 共有

セルフサービスでのデータ発見と共有でライブストリームを安全に共同利用

MDF Build Steps
Customer testimonials - Albertsons logo

Market trends are driving the adoption of data streaming — learn how Albertsons uses Confluent's data streaming platform to help implement a plethora of real-time use cases to deliver differentiated customer experiences.

Watch webinar

Albertsons

1つのプラットフォームで無限のユースケースを実現。

その他のリソース