Elevate your stream processing w/ The Force of Kafka + Flink Awakens | Read Now

ストリーミングデータパイプライン

クラウドデータベース内でリアルタイムかつ充実化されたデータを利用

あらゆる場所のデータをクラウドデータベースにストリーミングできるため、リアルタイムデータを使用して構築できます。すべてのデータベースのミッションクリティカルかつ変化するデータを接続、処理、管理します。

リアルタイムストリーミングでクラウドデータベースの価値を最大化

あらゆる環境の異種データソースからクラウドデータベースまでリアルタイムのデータキャプチャと処理を拡張でき、アプリケーションは常に最新のデータを利用できます。

データストリーミングで大規模にリアルタイムアプリを提供

アプリケーションチームが希望するクラウドデータベースから一貫性のある最新の強化されたデータを使用して構築できるようにします。

最新化にまつわるリスクとコストを削減

ダウンタイムやデータ損失を発生させずに、段階的でコスト効率の高いクラウド戦略を採用し、既存のアプリケーションをクラウドにフォークリフトするリスクを排除します。

ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのデータパイプラインの TCO を削減

ストリーミングデータパイプラインをあらゆる環境に数分で展開し、総所有コストとデータ統合の複雑さを削減します。

エキスパートにお任せください

homepoint

ストリーミングデータを使用して静的なプロセスを自動化

「Confluent によって実現され、Azure 上で実行される次世代アーキテクチャにより、10% の効率向上を達成しながら、月額 50 万ドルを節約できると概算しました。」

Chris Varro 氏、システム開発担当シニアマネージングディレクター

Rodan + Fields logo DB pipelines customer testimonial

Confluent + Google がデジタル変革を加速

「クラウドベースの最新アーキテクチャでのリアルタイムストリーミングへの移行により、新機能を顧客に提供できるようになり、時代遅れのアーキテクチャで速度が低下することがないと確信が持てるようになりました。」

Jason Mattioda 氏、エンタープライズプラットフォーム・データエンジニアリング責任者

SecurityScorecard logo - data warehouse customer testimonial

リアルタイムの全方位セキュリティを実現し、100万ドル以上の TCO 削減を実現

「他のベンダーに支払っていた費用を100万ドル以上節約でき、さらに追加の運用負担をオフロードすることに成功しました。これは非常に大きな違いをもたらします。Confluent のようなシステムを利用することで、ビジネスのレジリエンス、顧客に対する価値、これらすべてが実現できます。」

Jared Smith 氏、脅威インテリジェンス担当シニアディレクター

クラウドデータベースへのストリーミングデータパイプラインを構築

API からドラッグ&ドロップ UI、完全マネージド型コネクター、変更データキャプチャ (CDC)、継続的な SQL ベースの処理まで、Confluent はクラウドデータベースへのストリーミングパイプラインの構築を簡素化します。開発者は革新的なリアルタイムアプリケーションをより迅速に構築でき、IT チームは自信を持ってクラウドの移行と変革への道を開けるようになります。

Connect

120点以上の事前構築済み ConnectorCluster Linkingのいずれかを使用して、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドソースから MongoDB Atlas、Amazon Aurora、Cosmos DB などのクラウドデータベースにデータをストリーミング。Oracle などのオンプレミスシステムをマイペースで移行しながら、アプリケーションチームに一貫性のあるリアルタイムデータを提供できます。

処理

ネイティブの ストリーム処理を使用して、複数ソースからのデータを継続的に変換し、継続的に更新されるデータのビューを活用してストリーミングアプリケーションを迅速に構築します。クラウドデータベースに到達する前に、送信中のデータストリームを結合、強化、集約できます。

ガバナンス

ストリーミングデータ全体へのガバナンスの適用で、リスクを軽減し、データ品質を確保。Stream Catalog、Stream Lineage、Stream Qualityを使用して、チームがデータストリームを発見、理解、信頼できるようにし、企業のセキュリティとコンプライアンスを維持しながら、コラボレーションと開発のアジリティを向上できます。

希望するクラウドプロバイダーで使用を開始