ウェビナー : ストリーミングデータメッシュを構築する方法 | 今すぐ登録

メインフレームのデータを管理して即時にアクセス可能に

メインフレームデータをリアルタイムで使用して運用上の洞察を導き出し、クラウドアプリケーションとシステムを強化しながら、MIPS (100万命令毎秒) コストを最大50%、CHINIT (チャネルイニシエーター) コストを最大90%削減します。

メインフレームへのリアルタイムアクセスを実現

IBM zSystems でのバッチ処理への依存を低減。メインフレームデータをリアルタイムでキャプチャして継続的にストリーミングし、最小限の遅延で新しいアプリケーションを強化できます。

アプリケーション開発期間を短縮

すぐに使用できるメインフレームデータに即座にアクセスできる最先端のクラウドネイティブアプリケーション構築のための環境を開発者に提供。

IBM zSystems の ROI を向上

メインフレームからリクエストをリダイレクトし、MIPS や CHINIT の消費コストを大幅に削減。

将来を見据えたアーキテクチャを実現

メインフレームをそのまま残す場合も、特定のワークロードを移行する場合も、あるいは完全にオフロードする場合でも、段階的でリスクのない移行戦略で独自の道を切り開きましょう。

エキスパートにお任せください

Alight Solutions

フォワードキャッシュを使用したメインフレームからのデータのストリーミング

「当社のメインフレームベースの環境は重要で、繁忙期のピーク需要に応えるために環境をスケールアップする必要があります。[Confluent ベースの] UDP プラットフォームにより、作業をフォワードキャッシュにオフロードし、メインフレームシステムの需要を削減することでコストを削減できました。」

Chris Roberts 氏、エンタープライズアーキテクチャ担当バイスプレジデント

Confluent を活用する方法

Confluent を IBM z Integrated Information Processor (zIIP) で実行することで、メインフレームからクラウドアプリケーションへのデータストリーミングパイプラインを構築し、無限のビジネス成果を引き出すことができます。

メインフレームの図 1100px

Connect

充実したコネクターエコシステムを使用して、メインフレームからのデータを他の多数のハイブリッド・マルチクラウドデータソースと統合して関連付け、選択した1つ以上の宛先に向けて多重化できます。

処理

ネイティブのストリーム処理で IBM zSystems データを継続的かつ大規模に処理し、処理中のストリームを結合、充実化、集約し、リアルタイムでイベントに対応。充実化されたストリームは、ダウンストリームのあらゆるシステムと共有できます。

ガバナンス

データストリーミングパイプラインを管理して、社内外の規制要件を満たしながらメインフレームデータの品質を確保。表示されたデータが信頼できるかどうか思い悩む時間を減らし、革新的なクラウドアプリケーションの提供により多くの時間を割けるようになります。

もっと詳しく