Confluent Platform 7.0 と Cluster Linking でクラウドへのリアルタイムブリッジを構築 | ブログを読む

White Paper

Confluent と従来のメッセージングミドルウェアとの比較

メッセージキューやエンタープライズサービスバスなど、従来型のメッセージングミドルウェアは数十年前から存在し、成熟したテクノロジーとして現在のエンタープライズアーキテクチャ内でさまざまな形で活用されています。

ただ、他の成熟したテクノロジーと同様に、この分野におけるイノベーションのペースは低下し、組織はこのようなレガシーテクノロジーの維持に関して膨大な技術的負債を抱えるようになりました。次のような新たな要求に直面してメッセージング実装方法の大幅な再考が進み、この市場が再度活性化してきています。

  • 分離型のービスと通信するためのマイクロサービスとイベントドリブン型のアーキテクチャ
  • クラウドネイティブアーキテクチャ
  • 継続的なストリーム処理
  • アプリケーションのモダナイゼーション

本ホワイトペーパーでは、躍動するデータ活用のための Confluent のプラットフォームの基盤となる Apache Kafka® の基本的コンセプトに加え、IBM MQ、TIBCO EMS、ActiveMQ、JMS ブローカー全般などの従来のメッセージ指向ミドルウェアと比較した独自性や差別化要因を探ります。

普及が進む分散型ハイブリット環境やマルチクラウド環境での実行に Confluent が適しているユニークな点を紹介します。

こちらより資料のダウンロードができます