Confluent Platform 7.0 と Cluster Linking でクラウドへのリアルタイムブリッジを構築 | ブログを読む

White Paper

Confluent Cloudの費用対効果の測定

Kafkaを使った躍動するデータ(Data in Motion)の活用は、貴重ながらも大半の組織にとって非常にコストのかかる取り組みです。小規模のプロジェクトであっても、人員構成や予算状況によっては自社で Kafkaをプロビジョニングして管理するのに必要な時間とリソースの捻出が厳しいこともあります。

Kafkaインフラストラクチャと運用をConfluent Cloudなどの完全マネージド型のサービスに一任することで、最高の人材が重要なプロジェクトに注力し、事業に割り振るべき資金を確保できるようになります。Confluent Cloudをご利用のお客様企業は、Kafka の総所有コスト (TCO) を合計で最大60%削減することに成功されています。

多くのベンダーは自社ソフトウェアによる TCO 削減や ROI 向上を謳いますが、重要なのはその測定方法や前提条件を考慮することです。本ホワイトペーパーでは、TCOやROIに対するアプローチと具体的な顧客事例を概説し、得られた知見を共有しつつ、Confluent Cloudに対するこうしたご質問にお答えします。

こちらより資料のダウンロードができます