[電子ブック] ストリーミングデータメッシュ構築のためのガイド | 今すぐ読む

Online Talk

ストリーミングデータパイプライン : Advance Auto Parts におけるリアルタイムデータを使用した企業変革の実現

オンデマンドで視聴可能

北米最大手のアフターマーケット自動車部品プロバイダーが30,000社のベンダーの在庫から適切な部品を選択し、修理工場や個人顧客に5,200店の自社店舗を通じて提供している方法とは?Advance Auto Parts は、Confluent のデータストリーミングプラットフォームを基盤とする最新の IT インフラストラクチャを活用しています。

一連の合併と買収を経て、同社は、複数のブランドとサイロ化されたオペレーションを共通の IT 基盤の下に統合し、マーチャンダイジング、価格設定、請求システム全体でリアルタイムのデータフローを可能にする全社規模の変革の取り組みを開始しました。この取り組みの一環として、同社は、耐障害性に乏しく、エラーの解決に手動での頻繁な介入が必要だった従来のメッセージングキューを、ストリーミングデータパイプラインに置き換えました。これは、老朽化したデータセンターから運用をクラウドに移行するクラウドファースト戦略の採用と一致する対応でした。

本ウェビナーでは、Advance Auto Parts の元データ・分析担当ディレクター Prabhu Chandrasekhar 氏と Confluent のアカウントエグゼクティブ Max Horgan が、同社が Confluent Cloud で以下のようなビジネス価値を即座に実現するリアルタイムストリーミングとストリーム処理のユースケースを実装している方法を説明します。

  • 大規模な商業サプライヤー向けのリアルタイム請求
  • 店舗と拠点別の動的な価格設定の更新
  • 同社のビジネスクリティカルなマーチャンダイジングシステムの近代化

さらに、Advance Auto Parts が以下を実現した方法についても学びます。

  • Confluent Cloud の完全マネージド型・クラウドネイティブの Kafkaサービスを使用して管理負担を最小限に抑えながら必要に応じてスケーリング
  • 12以上の異なるソースから Confluent Cloud 経由で同社の ERP サプライチェーンプラットフォームへデータをストリーミング
  • ストリーム処理で特定の顧客のイベントをフィルタリングし、製品データを強化
  • Confluent Cloud シンクコネクターで Amazon S3 や Snowflake へのストリーミングデータパイプラインを構築
  • 今後数年にわたる運用効率と顧客体験の継続的な改善のための基礎を確立

今すぐ登録して、Confluent Cloud でのストリーム処理を使用したストリーミングパイプラインの構築が Advance Auto Parts を始め、小売業界全体の企業の変革推進にどう役立つかをご覧ください。

プレゼンター

Max Horgan

Enterprise Account Executive

Prabhu Chandrasekhar

Former Director of Data and Analytics

今すぐ登録

その他のリソース

cc demo
kafka microservices
Image-Event-Driven Microservices-01

その他のリソース

cc demo
kafka microservices
microservices-and-apache-kafka