ウェビナー : ストリーミングデータメッシュを構築する方法 | 今すぐ登録

White Paper

従来のメッセージングインフラストラクチャをモダナイズすべき6つの主な理由

メッセージキュー (MQ)、エンタープライズサービスバス (ESB)、抽出、変換、読み込み (ETL) ツールなどの従来型のメッセージングミドルウェアは、長年にわたり、分散型アプリケーションにおけるメッセージ配信とサービス間通信を処理するために使われてきましたが、非同期性、異質なデータセットや大量の情報処理など、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境で最新のアプリケーションのニーズに対応しきれなくなっているのが現状です。

本ホワイトペーパーでは、共通のデータ共有方法がないことによるイノベーションの妨げ、大規模なフォールトトレランスの低さによるパフォーマンスのボトルネック発生、分析へのデータ活用の制限となる一時的な永続性、低速な Consumer によるシステムパフォーマンスの低下、リアルタイムユースケースのためのデータ充実化の欠如、技術的負債や運用コストの増大といった従来型のメッセージングミドルウェアの課題と解決策 — クラウドネイティブ Apache Kafka® サービス上に構築された Confluent による躍動するデータ (Data in Motion) の実現 — について説明します。

以下の具体的な方法を学ぶことができます。

  • メッセージングワークロードを必要に応じてモダナイズし、キューや Pub/Sub を超える移行を実現する方法。
  • メッセージング・統合インフラストラクチャ内のシステムを簡素化し、完全に分離する方法。
  • 開発者チームをマニュアル作業から解放し、数日以内にストリーム処理で新しいリアルタイムアプリケーションを構築できる環境を整備する方法。
  • 新しいアプリケーションと分析のための永続的な記録システムを確立する方法。
  • 最高レベルの可用性と信頼性を備えたフォールトトレラントプラットフォームを実現する方法。
  • 低速の Consumers による速度低下や障害を排除する方法。
  • 将来を見据えたクラウドファーストアーキテクチャで技術的負債と TCO を削減する方法。

従来型メッセージングミドルウェアからの移行にご興味のある方は、このホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

その他のリソース

cc demo
kafka microservices
Image-Event-Driven Microservices-01

その他のリソース

cc demo
kafka microservices
microservices-and-apache-kafka