ウェビナー : ストリーミングデータメッシュを構築する方法 | 今すぐ登録

接続されたリアルタイムのビジネスオペレーションを構築

リアルタイムの在庫管理、サプライチェーンの自動化、不正行為の回避、生産効率の最大化など、データストリーミングによりデータセンターからエッジに至るまで優れた運用とアジリティを実現します。

データ中心のリアルタイムオペレーションへの道を開く

さまざまなソースからのデータストリームを使い、これまで接続されていなかったものを接続して、リアルタイムで運用を継続し、収益と顧客体験の段階的な改善を実現します。

データサイロを解消

データをリアルタイムでストリーミングして、古いシステムやアプリケーションを新しいシステムやアプリケーションに接続。常時稼働型のオペレーションを実現します。

効率を最大化

チーム、ツール、人を信頼できるデータ製品でジャストインタイムにつなげ、計画の改善、運用の自動化、リスクの軽減、結果の予測を実現

業務を最新化

永続的なデータブリッジを使用して、従来のビジネスシステムとアプリケーションを最適なものへと移行するための段階的な最新化戦略を構築します。

Backend Operations Outcome Image

Confluent を選ぶ理由

ストリーミングを中心に柔軟でスケーラブルなデータ基盤を構築し、あらゆるユースケースでデータ製品をリアルタイムで継続的に相互運用できるようにします。

再利用可能なデータ製品を構築

分離された不変のイベントドリブン型アーキテクチャとインストリーム処理を使用して、どこからでもデータを結合

負荷の多寡にかかわらず速度を維持

パフォーマンスや稼働時間を犠牲にすることなく、1日に数兆件のメッセージを簡単に処理できるよう運用を拡張

データの不整合を排除

異なる時間に異なる場所でデータを複製する定期的なバッチジョブを、リアルタイムデータの信頼できる唯一の情報源に置き換え

データをあらゆる場所へ移動

オンプレミスとクラウド環境のすべてのシステム、アプリケーション、データストア間でデータの同期を維持

AI に対応

常時ストリーミングされるリアルタイムのデータで ML モデルを学習させることで、アプリケーションがコンテキストとインテリジェンスを武器にあらゆるイベントに対応可能に

確実に運用

エンドツーエンドのガバナンスにより、移動中のデータのセキュリティ、可観測性、コンプライアンスと機密性を確保

Backend Operations Why Confluent Image

Confluent の仕組み

すべてのアプリケーション、システム、チーム、子会社が、高忠実度かつ信頼できるデータ製品をあらゆるユースケースで安全かつ簡単に利用可能に

ストリーム

リアルタイムデータストリームを主軸に据え、リアルタイムに共有可能に

Connect

120点以上の事前構築された Connector とカスタム Connector を使用して既存のシステムやアプリケーションからデータを統合

処理

ネイティブストリーム処理でビジネス全体から複数のデータストリームを継続的に結合し、再利用可能なデータ製品を構築

ガバナンス

ストリームガバナンスの使用で躍動するデータをセルフサービス型、安全、コンプライアンス準拠で信頼できるものに

共有

チーム、事業部門、エコシステム全体で信頼できるライブデータ製品を簡単に発見して利用し、安全に共有

Backend Operations How It Works Image

当社パートナーとの協業でデータストリーミングを実現

Confluent で既存のデータ投資を補完し、信頼できるデータをスタック全体にリアルタイムでプッシュします。

クラウドパートナー

テクノロジーパートナー

システムインテグレーター

1つのデータストリーミングプラットフォームで無限のユースケースを実現。

リソース

Confluent Cloud の活用を今すぐ開始

弾力性があり、真にクラウドネイティブなフルマネージドサービスで運用効率を 60% 以上改善し、257% の ROI を達成。今すぐ利用を始めましょう。